審査の緩い消費者金融ですが総量規制には注意しましょう

銀行と消費者金融、どちらでキャッシングをしようかと迷っている時は、消費者金融をまずおすすめします。消費者金融の場合は、審査基準が銀行よりも低くなっていますので、キャッシングができる確率が高くなるからです。その分金利が高めになりますが、最近は比較的金利が低く、利用しやすい会社も増えて来ています。

またパートタイムとかアルバイト、派遣社員といった、いわゆる非正規雇用の人であっても、収入があって、信用情報にブラックがなければ、審査に通ってお金を借りることができます。ただし注意したい点もあります。

他に消費者金融を利用していないか、あるいはクレジットカードでキャッシングをしていないか、この2点については、申込む前に気をつけるようにしてください。なぜかといいますと、消費者金融には総量規制があるため、キャッシングの額に限度額があるからです。

この限度額というのは一律ではなく、その人の年収の3分の1に当たる金額となっています。そしてこの限度額は、他の消費者金融、あるいはクレジットカードのキャッシングも対象となりますので、他からキャッシングをしていると、限度額ぎりぎりになってしまって、新規の申込みができなくなることがあるからなのです。

即日審査で手軽に借り入れ

金融機関でお金を借り入れする際には、必ず審査が行われます。金融機関は、借り入れを申し込んできた人に返済能力があるかどうかを確認した上で、貸し付けをするのです。そのため審査は、借り入れ金額が多ければ多いほど、時間をかけて慎重に行われます。逆に少額の借り入れでの審査は、比較的短期間で終わるということです。

そのため個人向けの融資サービスのキャッシングでも、審査はスピーディに行われます。遅くても2~3日で、早ければ即日で審査結果が出されるのです。もちろん通過していた場合には、すぐにキャッシング用のカードが発行されたり、指定口座への振り込みが行われたりします。

中には、申し込んでから30分程度で借り入れが可能になるというキャッシングもあります。しかも近年では、金融機関の窓口まで足を運ぶことなく、自宅などからパソコンやスマートフォンを使って申し込むことが可能となっています。いずれの場合も、指定フォームに住所氏名など必要事項を入力した上で、本人確認書類のデータと一緒に送信するだけで済むのです。本人確認書類とは運転免許証や健康保険証などで、これらはデジカメやスマートフォンで撮影すれば、送信可能な状態になります。

このように手軽に手早くお金を借り入れできるので、多くの人が手持ちのお金が足りなくなった場合などに、キャッシングを利用しています。

専業主婦のキャッシング、今後は借りられなくなる?

専業主婦の方でキャッシングをしている人に良からぬニュースが最近発生しました。
それは銀行が業界団体の自主ルールで審査において、与信の限度額を設けるといったニュースです。
これによって今後、専業主婦の人が融資を受けづらくなる、もしくは全く受けられなくなる事態が起こる可能性があります。

何故専業主婦の方が融資が受けられなくなるのでしょうか。
現状、総量規制では夫と合わせて世帯年収の三分の一まだの貸付は例外として認められています。
ただし、夫の同意書が必要であったり、管理が必要であったりと手間がかかる割に専業主婦の方の借りる金額は少なく利ざやが薄いので、大手消費者金融は一律専業主婦の方への貸付は行なっていません。

銀行カードローンは総量規制は関係ありませんので、この様な縛りもなく専業主婦の方でも審査に通していたのですが、今後業界の自主ルールが出来ると今までの流れが変わってくる可能性があります。

みずほ銀行カードローンは年収の三分の一、もしくは二分の一を上限とすると検討していますので、仮にこの上限が銀行業界の自主ルールになってしまうと、年収ゼロの専業主婦の方は漏れなく審査落ちになる可能性があります。

現在借りている方も、これから借りる可能性がある方も、銀行カードローンの自主ルールの動向には注目しておかなくてはいけません。

銀行カードローンはどのようにして選べばいいか

収入が不安定で少なかったり、無収入であったりする人は総量規制の問題で消費者金融を利用してキャッシングをすることができません。そのため総量規制の対象外となる銀行のカードローンを利用して借入をすることになります。

そしてカードローンのサービスを提供している銀行にもいろいろあるのですが、どこを選択すればいいのかわからない人も多いでしょう。そこでこれからカードローンを利用する銀行の選び方についていくつかの基準を示していきたいと思います。

まずカードローンを利用してお金を借りる場合はなるべく返済額を少なくしたいと考える人がほとんどでしょうから低金利であるかどうかが選択の基準の一つとなります。銀行カードローンの金利は概ね年3、4%から14%前後となっています。カードローンを利用して借入する額は数万円単位なので年14%前後の金利がつくことになります。そのため14%以下のカードローンがあればそちらを選ぶといいでしょう。

それから借入をした後、月に最低どのくらい返済すればいいのかというのも重要になってきます。なぜならカードローンを利用する人はお金に困っているので、返済も楽ではありません。そのため少しでも返済額を抑えることができるカードローンを選択したほうがいいでしょう。

キャッシング業者は比較をしてから借り入れしましょう

普段生活をしていると、時によってはお金に困ってしまう事もあります。
普段から貯蓄をしていれば、一時的にお金に困ってもその貯蓄からまかなう事が出来ますが、そのような方ばかりではないです。

周囲の人に借りるという方法もありますが、言い出せなかったり、借りる事が出来ないという事もあります。

そのような時に、自力で解決する方法といえばキャッシングです。
最近では、キャッシングをする際の審査が短くなったり、審査の基準が低くなったという事も聞くことがあります。

しかし、お金を借り入れをするとなれば、しっかりとした返済プランを持って借り入れをする必要があります。
そして、借り入れをするのであれば可能な限り返済する金額は少なく済ませたいものです。

そのような時に、大切なのがキャッシング業者を比較する事です。
比較をするとなれば、店舗に行かなければいけないと考える方も多いですが、最近ではインターネットがありますのでそちらでの比較も可能となります。

どんなに忙しい方でも、お金を借り入れする場合は可能な限り調べる事はとても重要です。

利息や返済期限などはキャッシング業者によって様々なため、自分に合ったかたちでの借り入れをする事で、将来の自分自身を苦しめる事が無くなります。
しっかりと比較をしてから、借り入れをする事が重要です。

支払期限ギリギリで申し込みしました。

楽器の練習をしていて、ある程度上手くなるとライブがしたくなります。
ですが、いきなりイベントとかに出るのはちょっとハードルが高い気がするので、料理が出てきて演奏が出来るライブハウスを貸し切る事にしました。
出演する仲間数人で割れば貸し切り代も大した事がないと思っていたのですが・・・

代金支払い数日前に仲間に言われた金額がけっこうなものでした。
それまでまったくノータッチだった自分が悪いんですが、まさかこんなに高額だとは思いませんでした。
私のお小遣いではまったく足りません。
仲間もお金持ちではないので立て替えてもらうのも厳しいです。

そこでキャッシングを決意しました。
即日融資してくれるみたいだし、消費者金融によっては初回無利息期間があるようなので、それを規準にキャッシング会社を選びました。

支払期限がすぐでしたので、一番重視したのは即日融資でした。
色々ネットで調べたところ、アコムが早そうなので、会社帰りに即アコムへ。
さすがに会社帰りの申し込みでは即日融資というわけにはいかなかったのですが、次の日の正午にはしっかり現金を受け取る事が出来ました。

有り難かったです。
消費者金融が無かったら妻に土下座するしか手が無かったので、本当に消費者金融には感謝しています。

アイフルの振込キャッシングが利用しやすくなりました!

これまではアイフルで銀行口座への振込キャッシングの予約を行うと、締め切り時間までに予約された分が15時前に一斉に振り込まれていました。つまり、1日に一度だけその日の分としてまとめて振込を行っていたのが、2017年の11月から1日に3度の区切りを設けて順次振り込まれるように改善されました。

従来のアイフルの振込キャッシングは、朝一番で振込予約をした場合でも、締め切り時間ギリギリの14時10分直前に予約をした場合と同様の扱いとなっていたのが、今では朝一番の予約なら遅くとも12時までには振り込まれるようになったのです。これによってアイフルからの振込キャッシングがこれまでより格段に利用しやすくなったのは間違いないでしょう。

この3度の区切りはもちろん即日融資を受ける際にも適用されるので、朝一番に申込みを行ってすぐに審査結果が出て合格した場合には、12時までに口座に振り込んでもらえる可能性が出てきました。よって、キャッシング会社によって特別な対応を行っている同グループ企業の銀行の利用を除くと、振込ではアイフルが一番早く借りられるようになったと考えていいかも知れません。

ただし、アイフルにはそのようなグループ企業の銀行は存在しないので、振込キャッシングは平日のみの対応です。14時10分以降や休日に予約を行った分は一番近い平日まで待たないと処理されないので、この点には注意してください。

月々の返済が不安な方はリボルビング払いができるカードローンがおすすめ

どこからかお金を借りた場合、必ず利息を支払わなくてはなりません。特に消費者金融のキャッシングでお金を借りたときには支払う利息もかなりの金額となってしまうので月々の返済が重荷に感じてしまうことも珍しくはありません。人によっては返済を続けていくのが困難な状況に陥ってしまうこともあります。

そのようなときには利息のほかにも遅延損害金も請求されることになるのでさらに月々の返済が重くのしかかってくることになります。そのため、キャッシングよりも多少審査などが厳しいですが、月々の返済が不安だという方は銀行のカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。銀行のカードローンでは月々の返済はリボルビング払いなので、常に返済額が一定しており重荷に感じることなく返済を続けていくことができるからです。

三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社のアコムのサービス

アコムはプロミスとともに消費者金融の中で最も人気がある金融業者です。その理由の一つに三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となった事が挙げられます。三菱UFJフィナンシャル・グループと言えば日本を代表するメガバンクの三菱東京UFJ銀行なので安心感も生まれます。

アコムの最大の特徴はやはり最短1時間で融資が可能な事でしょう。申し込み方法は店頭窓口、むじんくん、ホームページなどありますがどの申し込み方法でも最短1時間で融資が可能です。そのため自分の都合に合わせて申し込み方法を選べばいいでしょう。

初めて利用する人にも大きな特典があります。アコムは消費者金融なので金利は残念ながら高く設定されてしまっています。しかし初めて利用する人を対象に返済期日を35日ごとに設定すれば30日間無利息になります。そのため早く返済すればするほど利息を減らせるのでかなりお得です。ただし契約日の翌日から適用されてしまうので契約したらすぐにお金を借りるようにしましょう。

アコムはホームページから申し込んで手続きすべてインターネットで出来てしまいます。借り入れはホームページの会員ページから融資を依頼する事によって口座に振り込んでもらえます。この時にインターネットバンキングの楽天銀行の口座を指定すると振込が24時間対応してくれて約1分で口座に振り込まれます。夜中はもちろんなのですが土日祝も対応してくれるのですごく便利です。そのため借り入れる前に楽天銀行の口座は開設しておいた方がいいでしょう。

長期間利用しないと意思確認の電話が来るケースも!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、万が一に備えて契約だけすることも可能です。契約は基本的に1年や3年、5年といったペースでの自動更新になり、利用残高がゼロでも問題はありません。しかし、銀行カードローンの場合、1年以上の利用が無ければ、自動的に解約されるものもあるため、ただ契約だけするという点には注意が必要です。

一方、自動更新のペースが遅いカードローンは安心できるかという点ですが、利用頻度が殆どない場合、電話による意思確認が行われることがあります。自動更新の場合、既に契約していることを忘れている可能性もあり得るため、その後の利用意思があるかどうかのチェックが行われます。

ですが、ここで注意したいのは電話確認という方法であり、指定した携帯電話に応対出来ない場合、勤務先へ電話が掛かってくることもあります。在籍確認で周囲にバレることだけ注意するのではなく、利用中かつ金融事故を起こしていない場合に電話が来るケースも想定することがベストです。

そのため、携帯電話に電話があった場合は速やかに電話番号を確認し、折り返し電話を行うなどの対策がポイントになります。カードローンは利用しない時でも、常に注意を払うことが肝心です。

モビットの特徴とデメリットについて

消費者金融でお金を借りたいと思ったら「モビット」が良いでしょう。モビットは申込者によく勘違いされているのですが、「三井住友銀行が運営しているので、総量規制には対象外ではないのか」と言われているそうなのですが、モビットは三井住友銀行グループの会社ですので、アコムやプロミスのような消費者金融の部類に入ります。

そのため、モビットは総量規制の対象になります。ちなみに、総量規制とは「申込者の年収3分の1しか以上は貸し出ししてはならない」という日本の法律があります。

モビットの最大の特徴というと「勤務先に在籍確認がない」ことです。モビットはWeb完結を売りにしており、Web完結を利用すれば勤務先に在籍確認がなしで借り入れすることができます。借り入れを会社にバレたくないと考えている人にはもってこいの消費者金融です。

モビットと他社の消費者金融の違いをあげるとすると「無利息サービスがない」ことです。他社の大手消費者金融は、初回利用者に対して30日間もしくは90日間無利息サービスがあったりしますが、モビットは無利息サービスがありません。だからといって他の大手消費者金融より金利が低いというわけでもありません。

キャッシング審査について

私は今までにキャッシングを利用したことが一度もなかったのですが、ここ最近急な出費が増えてお金が必要になったため初めてキャッシングを利用することにしました。初めてキャッシングを利用するということでほとんどキャッシングに関する知識が無かったのでちゃんと審査に通るか不安だったのですが、キャッシングを利用するのに店舗に行く必要が無くネットからの審査のみでOKなのはとても便利だと思いました。

特に急な出費でできるだけ早く現金が欲しかった私にとってはネット審査のみで契約が完了できるのはとてもありがたかったです。またキャッシングは正社員だけでなくパートやアルバイトの方でも安定した収入があれば利用できるので収入が少なくても職に就いていれば十分審査に通過できるらしいので気軽に利用できると思います。

返済についても近くのATMやコンビニから返済もできますし、ネットバンキングを利用すれば自宅のパソコンから返済することができるので余計な手間が掛からず期限ぎりぎりでも24時間返済できるのでとても便利なシステムになっています。

私はキャッシングを利用する前は少し不安がありましたが、実際に利用してみると審査もそれほど厳しくなく手続きもスムーズで借りやすい環境が整っている印象を受けました。返済もキャッシング会社によっては30日間は無利息でOKという会社もあるので借りる側にとっては利用しやすいシステムになっていると思いました。もし今後もお金が必要になったらキャッシングを利用していこうと思います。

レイクALSAの書類の提出方法

レイクALSAでお金を借りる際に書類を提出することになるのですが、そのときの方法はどうなっているのでしょうか?

レイクALSAでは複数の方法が用意されていますけど、最も簡単なのはメールで送信をするというもとです。

必要書類を画像で撮影し、それをメールに添付してレイクALSAに送ることで提出ができます。

会員ページにアクセスをして、そこから送信をすることができるのです。

自宅にいながら行えるので、これが最も簡単な方法になると言えるのです。

あとは自動契約機まで行って、そこで提出をすることができます。

自動契約機まで行かないといけない手間は必要ですが、インターネットに疎いという人はこちらの方法がおすすめと言えると思います。

どちらを使えばいいので、基本的には問題はないと言えるでしょう。

【即日融資】今すぐにお金が必要!

社会人になると予期せぬ出費でどうしても今日お金が必要な時があるかと思います。そんな時はカードローンでのキャッシングを検討してみてはいかがでしょうか?Webでの申し込みもでき、店頭に行かずに契約することも可能です。急ぎでお金を借りたいという方も、スムーズにいけば2~3時間後には借入可能になります。

即日に借入する具体的な流れを紹介します。申し込みはWebでの申し込みをおすすめします。Web申し込みにて必要な項目を入力していきます。必要な本人確認書類等の提出もWebやアプリにて可能です。借入希望金額によっては所得の証明が必要な事もありますのでその際は給与明細等の準備が必要です。

申し込みが終わったら審査に移ります。所得や過去の金融履歴に問題がなければ1時間程で審査が終了します。審査が終わりましたら借入が可能になりますが、銀行振込ができるカードローン会社とできない会社があります。

銀行振込が可能であれば申し込みで直ぐにお金を用意できます。そうでない会社であればカードを受け取ってATMにて借入すれば即日でお金を用意できます。カードの受け取りは郵送にて行うことが出来ますがそれだと数日かかってしまいます。カードローン会社の自動契約機であれば即日受け取ることができます。自動契約機に行き、簡単な本人確認が終われば10分程でカードを受け取ることができます。

この様な流れにて即日の融資が可能ですので、どうしても急ぎでお金を用意したい時は利用してみてください。

借り換えをするときに気をつけたいこと

キャッシングなどの「借り換え」。これは、金融機関や、消費者金融などで行っている、複数の借り入れをまとめることができる、とても便利なサービスです。

この借り換えを利用することにより、

・月々の支払いを1本化して管理できる

・毎月の支払額を軽減できる

などさまざまなメリットがあります。

しかしせっかく借り換えをしても、古い借り入れの契約をそのままにしてしまうと、新たな借り入れが増えてしまう可能性を否定できません。

そこで、借り換えをする際には、必ず、借り換えをした過去の契約については解約することをおすすめします。

そのため借り換えのタイミングについても慎重に考えた上で、借り換えや、おまとめローンを契約しましょう。

琉球銀行のカードローンなら「しあわせのカードローン」

琉球銀行のカードローンは、沖縄の地方銀行の中でもなかなかレベルの高いカードローンだると思います。

一番の特徴は、金利面です。

変動金利型という方法で金利が設定されているわけではありますが、年利は年5.0%~年13.5%となっております。

(借入限度額500万円) 下限のほうはそこまで安くはないのですが、上限に関しては通常の銀行系カードローンと比べると

おおよそ0.5%から1%くらい金利が安く設定されており、あまり多くの額を利用しない人にとっては優しいカードローンになっています。

その他には、申し込み方法が大手のように申し込み方法は、電話、窓口、インターネット、FAXとしっかりと完備されており、

インターネットでは24時間申し込み可能ですから、申し込みはしやすいです。

専業主婦なら30万円までなら借り入れ可能ですし、近年大手銀行が総量規制を意識ている中で、琉球銀行はカードローンにおいて年収の2分の1まで

借入限度額を設定できるということが許されているので、借入額が多くしたい人にはとてもうれしい部分もあります。

ただ、申し込み時に琉球銀行の預金通帳が必要ですからまさに沖縄に住んでいる方にとって、特化しているカードローンであるといえます。

土日でも即日キャッシングのできる消費者金融

私が急な用事でお金が必要になってしまったのが、土曜日の朝のこと。交通費が欲しかったのですが給料日前でカツカツで。どうあがいても絞りだせないということで、即日で利用できる消費者金融を利用しました。

私の場合、審査がわりとスムーズに進んだということもあるのですが、ネットバンクの口座を色々持っていたので即日入金していただくことができました。お金を使いたいのは日曜日の午前中だったので余裕を持ってお金が確認できて本当にホッとしましたね。

銀行は平日しか送金できないとなんとなく覚えていただけに、土曜日でも送金してもらえると知ってとても嬉しかったです。自動契約機でカードを受け取ってコンビニでキャッシングをすることもできますし、土日だからといって即日キャッシングをあきらめる必要はありませんよ。

おまとめローンのメリットと注意点

おまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れを一つにまとめることができるサービスです。複数の金融機関を利用していると、返済期日や返済金額を間違えたりといったトラブルが起こりやすくなります。おまとめローンで借入先を一本化することで、毎月の返済が1度だけになります。借入金額がしっかりと把握できるので、返済計画が立てやすくなります。借入金が100万円を超える場合は、金利が低くなるというメリットもあります。

おまとめローンを利用する場合に注意をしたいのは、借りたお金は、他の金融機関への返済にしか使えないということです。他社へ返済した後の、追加の借り入れも認められません。だからといって、また他社から借りることになっては、元の状態に戻ってしまいます。

おまとめローンを利用する場合には、追加の借り入れをしなくてもよいように、手元に多少の現金を残し、余裕のある状態で申し込みましょう。

カードローンの利息の計算方法からわかること

返済シュミレーションなどが充実しているので、自分がどのくらい利息を支払う必要があるのかはわかっている人は多いでしょうが、実際の利息の計算方法を知っている人は多くないようです。

利息額は借入金額×適用金利×借入日数÷365の計算式で計算できます。利息額を計算することはあまり難しことではありません。この計算式からわかることは365日というのは定数ですから変化はありません。適用金利も本人にはどうしようもない場合がほとんどです。

債務者本人がしっかりと考えなければならないのは借入金額と借入日数なのです。これらの数値が小さいほど利息額は少なくなります。借入金額には考えた至るが借入日数をあまり重視しないのは愚かなことです。借入日数を減らすことは利息を大きく減らすことであることが利息額の計算式からわかるのです。

おまとめローンを上手に利用するコツ

複数の消費者金融や銀行のキャッシングを利用する場合には、利息の負担が大きいためになかなか元本が減らないのが一般的です。借入金額が大きいことも大きな要因ですが、適用されている利率が15パーセントを超えていることが一番の原因です。

しかし金利の低い業者を使って借金を一本化すると、これまでよりも毎月の返済額を減らせます。おまとめローンに関する情報サイトを訪問すると、職業や借入金額別に最適な利用プランを見つけることができます。特にネット上で申し込みから借り入れまですべての手続きができる銀行は、仕事を持っている人でも気軽に利用できるので便利です。

低金利のおまとめローンを使って借金を一本化する場合には、繰り上げ返済も利用して早期に完済するのがポイントです。

キャッシングで借りる時や返済をするときには

キャッシングの返済を考える時には手数料がかかるのかどうかなどが見た方が良いというのは理解しておきましょう。それこそATMなどからできることも多くなっています。専用のキャッシュディスペンサーというわけではなくコンビニのマルチのATMからもできるようになっているキャッシング業者も増えているのでそういうところを利用するというのも悪くはないのですが、手数料がかかるということがあります。

108円とか216円ということになりますが、これは小銭と思うかもしれませんが借りれる金額によっては何パーセントかということになってしまう場合もあるのであまり無駄なコストをかけないように、ということは意識しておいたほうがよいでしょう。

楽天ローンを選ぶメリットは金利の低さ

キャッシングのなかでも、楽天ローンを選ぶメリットのひとつに金利の低さがあります。100万円未満の借入の場合は14.5%となっているため、支払う利息を低く押さえたいのであれば、楽天ローンを選んでおいて損がありません。特に、まとまったお金を借りたい、借りた後はゆっくり返済をしていきたいと考えている場合は、金利の低い楽天ローンを選んでおくと良いでしょう。それによって、利息を大幅に節約することに繋がります。

それ以外にも、利用限度額が800万円と高く設定されていること、毎月の返済額が少なくて済むことなど、楽天ローンには様々なメリットがあります。そのため、業者選びで迷っているのであれば、メリットの多い楽天ローンを考えておくと良いでしょう。

アイフルのSuLaLiのメリットを解説

アイフルでは初めてキャッシングを利用する女性でも安心して利用できるSuLaLiという女性専用のカードローンの取り扱いがあります。このSuLaLiのメリットを確認していきましょう。

・来店不要で契約できる

SuLaLiはWeb専用のカードローンであり、申込みや契約に必要社書類の提出などはすべてネットで済ませられます。店舗へ来店する必要がないので人目を気にせずにカードローン契約ができます。

・専用ダイヤルがある

SuLaLiには女性スタッフが質問に応対してくれる専用のフリーダイヤルが利用できます。女性同士で悩みや疑問点をなくしてから申込みができます。

・借り過ぎを防げる

SuLaLiは利用限度額が最高で10万円までと敢えて低く設定してあるので借り過ぎのリスクが低くなっています。

キャッシングの審査に通るためにやっておくと良い事

キャッシングの審査に通るようにするには、申し込みしたいと思うキャッシング会社の審査基準を満たすことが必要になります。その基準というのは会社それぞれ異なりますから、これをすれば大丈夫、だということはできませんが、それでもキャッシングの審査に通るために必ず必要なものとして収入があることというのが大事になってくるので、パートでもアルバイトでも、必ず収入を得ている状態にしておくようにしましょう。

また、身分証明も大事です。どこでも誰でも作れるような会員証ではだめで、運転免許証などの公的な証明を提出できるようにしましょう。証明書はコピーで大丈夫なので、綺麗にコピーしたものを用意しておくと申し込み時スムーズになるでしょう。

複数のお金を借りている利用者が返済回数を減らすにはおまとめローンを使う

複数のお金を消費者金融会社から借りているユーザーがいます。この場合、それぞれの消費者金融会社に返済をしていかなければいけませんので、複数回の返済をしなければいけない場面も多々あります。返済をしなければいけない環境では、返済に手間がかかってしまい、キャッシングを使っているメリットが薄れてしまいます。

おまとめローンは、キャッシングやカードローンのように、限度額内で借り入れをして自由に使えるわけではなく、返済の為にお金を借りるローンです。その為、利用用途はキャッシングやカードローンで借りたお金の返済のみに使えます。おまとめローンは新規申込みをして審査が行われます。この審査を通過すれば、融資されたお金で、ユーザーが現在借り入れているお金を全額返済する事が可能です。今後は、おまとめローンで借りたお金だけを返済していけば良いでしょう。

カードローン会社選びは自分の用途に合わせる

カードローン会社は数多くあり、ネットで調べてもどこのカード会社が良いか迷ってしまいます。

選ぶ際のポイントとしては、自分がどのような借り入れを希望しているかを考えることが必要です。例えば、少額の借り入れを希望しておりすぐに返済する予定であれば、無利息期間キャンペーンを行っている消費者金融もあるので利用する価値があります。

逆に大口の借り入れを希望しているならば返済期間も長くなることが予想されるので、金利の低いカードローン会社を選択した方が良いです。

一般的に消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が金利は低く設定されていますが、その分だけ審査に通りにくいという側面があります。

消費者金融の中では、プロミスが少しだけ金利が低く初回借り入れ時の無利息キャンペーンを実施しています。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

学生でも利用可能なキャッシング

20歳を超えて、アルバイトなどで安定した収入を得ている人であれば、学生であってもキャッシングの利用は可能です。ただ、学生の場合は実家暮らしかどうかによって、審査結果が大きく変わることがあります。

実家暮らしの場合は、アルバイトで得た収入はそのまま自由に使えることが多く、借入をしても問題なく返済可能と考えられます。それに対して、一人暮らしの場合は収入の大半が生活費に消えることも多いため、審査が厳しめとなります。月々の収入や実家からの仕送りが多く、生活が安定してれば審査に通る可能性は高くなるでしょう。

しかし、生活が大変と感じる状態の場合は、まず毎月の収入を増やしてからキャッシングの審査を受けるようにすることがおすすめです。