学生でも利用可能なキャッシング

20歳を超えて、アルバイトなどで安定した収入を得ている人であれば、学生であってもキャッシングの利用は可能です。ただ、学生の場合は実家暮らしかどうかによって、審査結果が大きく変わることがあります。

実家暮らしの場合は、アルバイトで得た収入はそのまま自由に使えることが多く、借入をしても問題なく返済可能と考えられます。それに対して、一人暮らしの場合は収入の大半が生活費に消えることも多いため、審査が厳しめとなります。月々の収入や実家からの仕送りが多く、生活が安定してれば審査に通る可能性は高くなるでしょう。

しかし、生活が大変と感じる状態の場合は、まず毎月の収入を増やしてからキャッシングの審査を受けるようにすることがおすすめです。

急ぎで現金を借りたいなら消費者金融の即日融資

急に現金が必要になった時、頼れる味方となってくれるのが消費者金融の即日融資です。

申し込んだその日のうちにお金を銀行口座に振り込んでもらえますから、手元にお金が届くまでのスピードが断然早いです。

消費者金融系でも、申し込み方法は店舗を訪れたり無人契約機、電話やFAXなど、様々な方法があります。

しかし、即日融資を受けたいなら、スピードの早いWebからの申し込みが一番です。

審査が終わるまで最短で30分程度で、本人確認の手続きなどもWeb上でできてしまいます。

注意点としては、銀行の営業時間内までに全ての手続きを終わらせないといけません。

朝イチや午前中など、早い時間帯に申し込みを行って、必要となる書類などはあらかじめ準備しておきましょう。

キャッシングのベストな増額方法とは

キャッシングには人それぞれ利用限度額がありますが、その額は永遠に変わらないわけではありません。殆どのキャッシングにおいては、増額申請することが出来ます。しかし増額申請すると審査が待っていますので、それに通らなければ額は増えてはくれません。

その審査に少しでも通りやすくするためには、とにかくキャッシングの利用実績を少しでも長く積み重ねることです。長年にわたって無事故で利用実績を積み重ねれば、それだけ審査に通る確率は高くなるのです。

ところで多くのキャッシングにおいては、無事故での利用実績が長くなると増額申請をしなくても限度額を引き上げてくれることがあります。それこそは正に、キャッシングのベストな増額方法と言えるのではないでしょうか。

初めてキャッシングをする時の基礎知識!銀行カードローンと消費者金融の特徴の違いは?

キャッシングを始めてする時は不安が大きくなる事も多いでしょう。実際にお金を借りると金利が発生して利息が加算されるので返済総額が多くなる事も少なくありません。初めてキャッシングする時は基礎知識をしっかり把握しておく必要があります。そこで初めてキャッシングをする時の基礎知識を確認していきましょう。

キャッシングをする時は銀行カードローンと消費者金融のどちらかを選ぶ事になります。銀行カードローンは低金利だけど融資可能になるまで数日かかる、消費者金融は高金利だけど即日融資に対応してくれるという特徴があります。

また銀行カードローンは総量規制の対象外なので多額の借り入れもしやすいですが、消費者金融は総量規制の対象となっているので年収制限されてしまいます。このように銀行カードローンと消費者金融では特徴が違うので初めてキャッシングをする時は基礎知識として頭に入れておきましょう。

おまとめローンですっきり返済にも注意が必要

多重債務者の返済を少しでも楽にできるように考えられたローンが、おまとめローンです。借りることが目的ではなく、返済を目的とするため、通常のローンよりも金利はやや低く設定されています。

しかし、逆に注意点もあります。自動車ローンやショッピングのためのローンなどの場合の借り換えは注意をしないと逆に金利が高くなってしまう場合があるのです。おまとめローンにしたことにより返済額が高くなっては意味がありません。

また、少額を複数に借りている場合は審査が通りやすくなっていますが、200万円など高額の場合は一本化ができない場合もあります。

一本化する前に、支払総額が、得か損かをよく見極めてからおまとめローンを考えるようにしましょう。

総量規制対象外の借り入れを活用するには

貸金業法では多重債務を防止する目的で総量規制を消費者金融会社に義務付けています。総量規制がある事で、複数のキャッシングを利用しても限度額の総額は利用者の年収の3分の1までに抑えられてしまいます。

総量規制対象外の融資サービスを使えば、限度額の制限が緩くなりますので、ユーザーは様々な事に融資を使い易くなります。借りたお金を自由に使えるものとしては、銀行や信用金庫が提供しているカードローンが該当します。例えば、家や車などの高額な物を購入する時に利用するローンである住宅ローンやマイカーローンは総量規制対象外ですので、消費者金融会社のキャッシングとは分けて使っていく事が出来るでしょう。これらの融資を併用する事で用途の幅が広がります。

カードローンの無利息期間の活用法

カードローンの無利息期間を有効利用したいと考えた場合に大切なことが、審査を受けるタイミングです。初めてお金を借りた時点から無利息期間が発生するという業者であれば、早めに審査を受け契約を完了させておくのも良いでしょう。

それによって、必要な時にすぐにお金を借りることができるだけでなく、いつ利用をしても無利息期間を最大限に活用することができます。ただ、契約をした時点から無利息期間が発生する業者もあります。この場合、契約後をしてから利用するまでの期間が長くなればそれだけ無利息期間が短くなるだけでなく、場合によっては無利息期間が完全に消滅してしまうことも少なくありません。

それだけに、無利息期間があるカードローンを利用する場合は、無利息期間がいつ発生するのかを確認した上で審査を受けるタイミングを決めることが大切です。