東京スター銀行カードローンの2つのメリット

東京スター銀行はおまとめローンのサービスを提供している事で有名ですが、普通のカードローンのサービスも提供しています。それでお金が必要になった時に東京スター銀行カードローンを利用する人もいますが、どのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで東京スター銀行カードローンのメリットを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が15%以下で設定されている

銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には上限金利が18%に設定されていて消費者金融のような条件になっている事もあります。しかし東京スター銀行カードローンは上限金利が14.6%に設定されているので低金利に分類されます。上限金利が15%以下で設定されている点がメリットになります。

・アルバイトや専業主婦が利用しやすい

銀行カードローンは審査が厳しいと言われているのでアルバイトや専業主婦は利用しにくい部分があります。しかし東京スター銀行カードローンはアルバイトや専業主婦にも積極的に貸付を行っています。審査も柔軟に行ってくれるのでアルバイトや専業主婦が利用しやすいカードローンと言えます。

東京スター銀行カードローンはこのようなメリットがあるのでお金が必要になった時に利用してみるといいでしょう。

最近では銀行でも無担保ローンのCMを盛ん

最近では銀行でも無担保ローンのCMを盛んに行っています。消費者金融や信販系とはどの部分が異なっているのでしょう。
消費者金融や信販系の場合は借り入れ可能金額は年収の3分の1となっています。

一方銀行の場合は年収による可能金額の縛りはありません。

銀行が提示している借り入れ可能金額でも消費者金融よりも高い金額となっており、中には1000万円まで借り入れ可能と謳うものもあります。

しかし実際には、年収数百万の人がその何倍もの金額である1000万円借り入れ可能になったというケースはまずありません。

銀行は利用者が返済不可になった際にその負債を保証する保証会社というものを使っています。

その多くはかつては独立系、今では銀行の傘下に入った信販会社や消費者金融が占めています。
銀行は借り入れの申し込みがあった際に、保証会社に申込人の状況について問い合わせを行います。

そこで借入金額の多少のカギとなってくるのは勤務先の規模(上場企業か否か)、経営状況、年収、勤務日数、もちろん保証会社での借り入れがあればその状況などとなります。

もし借入金額の範囲内で遅延なく利用している上場企業勤続10年以上の方であれば、年収に近い金額が借り入れ可能金額になることも珍しくありません。

ご自身の状況を判断して、銀行ローンを利用してみてください。

ろうきんのカードローン「マイプラン」

私は転職後、お金が足りなくなり、ろうきんの「マイプラン」というカードローンを利用しました。もともとはろうきんの営業マンから勧められて、とりあえず申し込んでいただけで、カードローンを使う予定など全くなかったのですが、急な出費が重なり、悩んでいた時に、マイプランを思い出して、とりあえず使ってみました。

とにかく使い方がよくわからず、ネットで調べても詳しく書かれていなかったので、とりあえずカードをATMに入れ、限度額いっぱいにお金を降ろしました。どうやって返済するのか、いつ返済が始まるのか、全く知らないまま、とりあえずお金だけは手にしてしまいました。

返済方法などについてネットで調べましたが、それもよくわからず仕舞いでした。ただ、ろうきんに電話をしたら、何もかもすぐに解決しました。返済が何月何日に始まるのか、どうやって入金するのか、などとても丁寧に教えてくれました。マイプランはカードをつくるための審査が厳しいと聞いたことがあります。

その分金利も安いですし、毎月最低5000円の返済で借りることができるので、安心感もあります。余裕があれば、繰り上げて返済することもできます。少額でも金利が安く、コンビニのATMでも使えるのでとても便利だと感じました。しょっちゅう使うものでもないと思いますが、マイプランカードを持っていて損はないと思います。

結局はだらしない、負のループをしています。

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行のクレジットカード機能つきキャッシュカードをそれぞれ1枚ずつ所有しています。みずほ銀行のカードはもう4年も5年も前までに限度額までキャッシングをして、その後、コツコツと返済していました。

この数年前のだらしない自分の呪い、みずほ銀行のカードがいよいよ残り返済額4800円となりました。とても長い道のりでした。おそらく毎月の支払いが4000円なので、来月4000円、再来月に800円を支払う形で、この夏に返済が終わります。本当に長い道のりでした。

返済が終わったら財布から出して、本当に困った時にしか使わないよう、どこかに保管しておこうと思います。

一方UFJのカード。これは日常的にネットでの買い物に使用しています。ここ数ヶ月、色々と出費が多いため、ちょっとした外食の支払いにも使ってしまい、また、今月あまりにも厳しくて、1万円だけキャッシングをしてしまいました。

困窮したここ数ヶ月のため、みずほ銀行のキャッシングをあわよくば再来月ではなく来月に全額返すため、なんだか本末転倒ですが、これらのキャッシング、他のショッピング利用をリボルビング払いに変更してしまいました。

結局、片方をやっと返済しても、今も私はだらしなかったのです。またみずほ銀行のカードが登場するのも時間の問題に思えますが、なんとか持ちこたえなくてはと、心に誓っています。年内の目標は、できるだけネットショッピングをしない事ですかね。