みずほ銀行カードローンのサービスで優れている点は?

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行口座が必要でしかも審査が厳しめと言われているので利用しにくいカードローンというイメージを持っている人も少なからずいます。しかし実際にみずほ銀行カードローンを利用してみるとサービス面で優れている面もあります。そこでどのようなサービスが優れているのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは限度額が最大500万円から800万円で設定されていますが、みずほ銀行カードローンの限度額は最大1000万円で設定されています。多額の借り入れをする時でも利用する事が出来るのですごく助かります。また銀行カードローンの最高金利は14.5%ぐらいで設定されていますが、みずほ銀行カードローンの最高金利は14%で設定されています。借入条件が良いのもみずほ銀行カードローンのサービスで優れている点と言えるでしょう。

今レイクと契約するのはアリかナシか?

新生銀行カードローンであるレイクは、2018年3月末を持って新規契約を停止し、会社自体も消費者金融として生まれ変わります。新しい消費者金融が誕生したらキャンペーンでお得に契約できることも考えられますが、今お金が必要な人はそれまで待てません。そこで今レイクと駆け込み契約するのはアリかナシかを考察します。

前述した通りレイクは銀行カードローンなので、現在は即日融資ができなくなっています。ですからお急ぎの方は大手消費者金融の方がいいでしょう。レイクが他のカードローンより優れている点は、無利息サービスが全額30日間無利息か、5万円まで180日間無利息かを選択できる点です。レイクの金利はほぼ年18%に設定されるので、5万円以内の融資を無利息で受けて夏までコツコツ返したい人のみレイクで借りるといいでしょう。

京都銀行カードローンWを使うといい人について

京都銀行カードローンWを利用するのに向いているのは次のような人です。

まずは、営業エリアに住んでいて、口座を持っている方です。

営業エリアでないと利用が厳しいものですが、口座があれば来店不要ですので口座を持っている人は特におすすめです。

また、ある程度多めのお金を借入したい方も向いています。

京都銀行カードローンWは基本的な金利設定も低く、設定上金利が安くなる額もかなり低いですから

少額よりもそこそこ高めの額を借りる方にはちょうどいいでしょう。 どちらかといえば年収の安定性や勤続千数が多い人向けの側面もあります。

後は、借入までの期間が通常の銀行よりも長いですから、すぐに借り入れしなくても大丈夫な人の方がいいでしょう。

地方銀行ではかなりレベルの高いカードローン 千葉銀行「ちばぎんカードローン」

千葉銀行カードローンは地方銀行である千葉銀行のカードローンです。

千葉銀行の特徴としては次のような条件があります。

まず、口座開設が必要ではありますが、WEB審査でありますと来店不要ですべての契約が完了しますので誰にもわからないうちにお金を借入できます。

基本的なスペックは限度額上限が800万円で、金利が1.4%から14.8%と下限については安めで多くのお金を借りれいるのであれば、好条件になる可能性は十分あります。

また、100万~350万未満ですと 金利が変動的ですが、運が良ければ低い金利が適用されますので安く利用できることもできるようです。

即日融資はなく、借入までに平均で3日から1週間くらい時間がかかるようですから、平均的な地方銀行レベルの時間はかかるようです。

後は借り換え利用というものでも良しとされており、利用の用途はそこそこ広めにできるようです。

返済額も最低2000円からですから、負担は軽めになっています。

地域密着型の経営ですので、千葉銀行の営業エリアでないと利用が厳しいですが、口座を持っているのであれば

なかなかいい条件というのもかなり珍しいので、ぜひ利用しておいておくといいでしょう。

東京スター銀行カードローンの2つのメリット

東京スター銀行はおまとめローンのサービスを提供している事で有名ですが、普通のカードローンのサービスも提供しています。それでお金が必要になった時に東京スター銀行カードローンを利用する人もいますが、どのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで東京スター銀行カードローンのメリットを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が15%以下で設定されている

銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には上限金利が18%に設定されていて消費者金融のような条件になっている事もあります。しかし東京スター銀行カードローンは上限金利が14.6%に設定されているので低金利に分類されます。上限金利が15%以下で設定されている点がメリットになります。

・アルバイトや専業主婦が利用しやすい

銀行カードローンは審査が厳しいと言われているのでアルバイトや専業主婦は利用しにくい部分があります。しかし東京スター銀行カードローンはアルバイトや専業主婦にも積極的に貸付を行っています。審査も柔軟に行ってくれるのでアルバイトや専業主婦が利用しやすいカードローンと言えます。

東京スター銀行カードローンはこのようなメリットがあるのでお金が必要になった時に利用してみるといいでしょう。

ろうきんのカードローン「マイプラン」

私は転職後、お金が足りなくなり、ろうきんの「マイプラン」というカードローンを利用しました。もともとはろうきんの営業マンから勧められて、とりあえず申し込んでいただけで、カードローンを使う予定など全くなかったのですが、急な出費が重なり、悩んでいた時に、マイプランを思い出して、とりあえず使ってみました。

とにかく使い方がよくわからず、ネットで調べても詳しく書かれていなかったので、とりあえずカードをATMに入れ、限度額いっぱいにお金を降ろしました。どうやって返済するのか、いつ返済が始まるのか、全く知らないまま、とりあえずお金だけは手にしてしまいました。

返済方法などについてネットで調べましたが、それもよくわからず仕舞いでした。ただ、ろうきんに電話をしたら、何もかもすぐに解決しました。返済が何月何日に始まるのか、どうやって入金するのか、などとても丁寧に教えてくれました。マイプランはカードをつくるための審査が厳しいと聞いたことがあります。

その分金利も安いですし、毎月最低5000円の返済で借りることができるので、安心感もあります。余裕があれば、繰り上げて返済することもできます。少額でも金利が安く、コンビニのATMでも使えるのでとても便利だと感じました。しょっちゅう使うものでもないと思いますが、マイプランカードを持っていて損はないと思います。

auのユーザーにおすすめの銀行カードローンがあります

auの携帯電話やスマホを利用している人におすすめなのが、じぶん銀行のカードローンです。このじぶん銀行とは三菱東京UFJ銀行とKDDI(auブランドの会社名)が共同で設立したネット銀行で、auのユーザーに対して特別な特典を用意しているからです。

その特典とは、じぶん銀行のカードローンにはauのユーザーに限り、金利が年利0.1%、他社や他行からの借り換えになる場合には0.5%も優遇されるのです。更にじぶん銀行の口座を持っていると、氏名や住所などの情報は既にそちらで登録しているので申込み時にそういった入力を行う必要がなく、身分証明書さえ必要なく申込みが行えます。じぶん銀行の口座が無い場合でも、身分証明書の提出がスマホから簡単に行えるWEB完結を利用することができるようになっています。

このように、じぶん銀行のカードローンはauのユーザーに対してとても利用しやすいカードローンだと言えますが、このカードローンの特徴はそれだけではありません。じぶん銀行はネット銀行なので自前のATMというものがなく、三菱東京UFJ銀行のATMや各種のコンビニのATMなどを利用することになりますが、どのATMを利用しても一切手数料が掛かりません。ネット銀行だというハンデどころか、これはとても嬉しい特徴だと言えるでしょう。

auのユーザーがカードローンの利用をする時には、まずこのじぶん銀行のカードローンを利用することを一番に考えてみてはどうでしょうか。