カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

キャッシングのベストな増額方法とは

キャッシングには人それぞれ利用限度額がありますが、その額は永遠に変わらないわけではありません。殆どのキャッシングにおいては、増額申請することが出来ます。しかし増額申請すると審査が待っていますので、それに通らなければ額は増えてはくれません。

その審査に少しでも通りやすくするためには、とにかくキャッシングの利用実績を少しでも長く積み重ねることです。長年にわたって無事故で利用実績を積み重ねれば、それだけ審査に通る確率は高くなるのです。

ところで多くのキャッシングにおいては、無事故での利用実績が長くなると増額申請をしなくても限度額を引き上げてくれることがあります。それこそは正に、キャッシングのベストな増額方法と言えるのではないでしょうか。

初めてキャッシングをする時の基礎知識!銀行カードローンと消費者金融の特徴の違いは?

キャッシングを始めてする時は不安が大きくなる事も多いでしょう。実際にお金を借りると金利が発生して利息が加算されるので返済総額が多くなる事も少なくありません。初めてキャッシングする時は基礎知識をしっかり把握しておく必要があります。そこで初めてキャッシングをする時の基礎知識を確認していきましょう。

キャッシングをする時は銀行カードローンと消費者金融のどちらかを選ぶ事になります。銀行カードローンは低金利だけど融資可能になるまで数日かかる、消費者金融は高金利だけど即日融資に対応してくれるという特徴があります。

また銀行カードローンは総量規制の対象外なので多額の借り入れもしやすいですが、消費者金融は総量規制の対象となっているので年収制限されてしまいます。このように銀行カードローンと消費者金融では特徴が違うので初めてキャッシングをする時は基礎知識として頭に入れておきましょう。

総量規制対象外の借り入れを活用するには

貸金業法では多重債務を防止する目的で総量規制を消費者金融会社に義務付けています。総量規制がある事で、複数のキャッシングを利用しても限度額の総額は利用者の年収の3分の1までに抑えられてしまいます。

総量規制対象外の融資サービスを使えば、限度額の制限が緩くなりますので、ユーザーは様々な事に融資を使い易くなります。借りたお金を自由に使えるものとしては、銀行や信用金庫が提供しているカードローンが該当します。例えば、家や車などの高額な物を購入する時に利用するローンである住宅ローンやマイカーローンは総量規制対象外ですので、消費者金融会社のキャッシングとは分けて使っていく事が出来るでしょう。これらの融資を併用する事で用途の幅が広がります。

持っているだけで便利なキャッシングカード

キャッシングというと悪いイメージを持っている人も多いと思いますが、しっかり管理すれば非常に便利なシステムです。大手のキャッシングローン会社であれば、殆どのコンビニのATMで引き落とし、振り込みが可能です。

審査に関しても早く、個人情報をしっかり管理しているので身内や職場にばれることは殆どありません。もしキャッシングのカード作成を検討しているのであれば、安心して作って頂きたいと思います。勿論、キャッシングは借金となりますので、マイナスの面もありますが、住宅ローンも車のローンも全て借金です。

CMなどでもやっておりますが、収入と支出を把握し、しっかり管理していれば怖いことは何もありません。寧ろ急にお金が必要になった際の備えとしてカードを持っていることは、社会人の場合、利点の方が大きいと感じます。

リボルビング方式は本当に悪なのか?根本の問題は違う!

カードローンやクレジットカードにおいて、『返済が出来なくなる』や『なかなか完済できない』ということに対してリボルビング方式が問題視されます。しかし、根本の問題はリボルビング方式自体ではなく、別のところに問題があります。リボルビング方式を規制した方が良いという意見が多いものの、規制次第では返済額の増加もあり得ます。

そもそも、リボルビング方式は毎月の利用残高に応じて、利息が再計算されるものです。これ自体、利用残高が減る分だけ利息も減少することから、総返済額が増加するよりも効率的かつ負担の少ない返済方法になります。

根本の問題は、リボルビング方式よりも約定返済額や借り入れ頻度と金額です。最近では、最低返済額が1000円や2000円からというカードローンは多く、これがリボルビング方式と組み合わされることで、返済額の殆んどが利息の支払に充てられているという問題になります。つまり、リボルビング方式の特徴を理解せず、楽な返済しか行わないことが問題であり、問題を解決するのであれば、返済額を増額することの方が問題解決に対して大きな効果を発揮します。

もし、リボルビング方式が規制され廃止となった場合、利息計算は借り入れした段階での適用金利と借入額になり、段階的に利息が減っていくもので無くなります。結果、総返済額が高くなってしまい、返済がより困難になるリスクを生じさせてしまいます。

先ずは、リボルビング方式の特徴を理解し、毎月の返済額をどれだけの金額にすれば、総返済額を抑えられるのか計算するのが重要です。