キャッシングの審査って在籍確認は必ずあるの?

キャッシングを利用したいけど、お金を借りたことが会社にバレないか心配!

キャッシングのご利用が初めての場合、多くの方がご心配されるのが、
「電話連絡による勤務先への在籍確認」です。

もし、上記のような理由で迷われているのであればご安心下さい♪
通常、この理由でバレることはほとんどありません。

そもそも「電話連絡による勤務先への在籍確認」については、
一般的な金融機関であればプライバシーへの配慮はしてくれますので、
社名ではなく個人名での電話連絡が基本です。

在籍していることが分かるだけでいいので余計な質問等もありません。
実際、これによりバレたという例はほとんどないのですが、
とはいえ、個人名での連絡だとしても変な噂が立たないか心配・・・
という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、在籍していることが分かる書類提出(給与明細等)で、
問題ない場合もあるため、審査前に各機関で案内しているコールセンター等に、
電話連絡以外の在籍証明について相談してみましょう。

電話での確認が必要な機関であっても、日時などは相談できるところもあります。

また、どんなかたちであっても連絡は控えてほしい場合は、
電話による在籍確認なしで利用できるサービスもあるため、
対象の金融機関を選ぶといいでしょう。

即日融資が受けられる消費者金融

アルバイトや主婦の方は、サラリーマンのように消費者金融からお金を借りられないというイメージがありますが、定期的に安定した収入があったり、本人に収入がなくても家族に安定した収入があるという方は、融資を受けられる可能性があります。

融資を受けたい理由は学費や習い事、買い物をしすぎてしまってその支払の必要があるなど様々なものがありますが、理由に関わらず返済能力があると見なされれば審査は通過することが出来ますので、家族や友人に借りにくくて困っているという方は、消費者金融から融資を受けてみてはいかがでしょうか。

特に、最近では即日融資が可能な消費者金融が多くなっています。すぐにお金が必要だけど用意が出来ない、という方には最適なサービスですので、お金が必要な時にスマートフォンやパソコンから融資可能かどうかの簡易審査を受けてみると良いでしょう。簡易審査は業者によって呼び方が異なりますが、数秒で融資可能かどうかがわかる便利なシステムです。

融資可能と診断されれば、なるべく早めに申し込みを行うことで即日融資を受けることが出来ます。できれば午前中に本審査を申し込んでおくと安心です。急いでいる旨を電話でコールセンターに伝えておくと更に安心です。

キャッシング 本人確認

初めてキャッシングを申し込んだ時に、最も気になるのは本人確認と在籍確認ではないでしょうか。
お金は借りたいけれど、家族や職場の人には知られたくないという人は多いと思います。

本人確認は、運転免許証など本人確認資料の提出と、本人の携帯への電話で完了するので、家族に気付かれる心配はほとんどありません。手続きは全てWeb上で行い、ローンカードは無人契約機で受け取るなどの方法で、自宅に書類が届かないようにすることもできます。

ただし、職場への在籍確認は原則電話で行われます。本当にその会社で働いているのかを確かめるだけなので、電話自体はすぐに終わりますが、かかってきた電話を自分が取るとは限らないし、会話の内容からバレてしまうんじゃないかと心配になると思います。

在籍確認の電話ではそういった心情に配慮がされていて、金融会社の担当者が社名を名乗ることはありません。会話の内容も「ご本人様ですか。確認が取れましたので、手続きを進めさせていただきます。」といった風に、誰かに聞かれても問題ない内容になっています。

着信番号についても、原則非通知で架けてくるようになっています。

日ごろあまり電話のかかってこない部署にいるような人は、前もって「クレジットカードに申し込んだから確認の電話がかかってくるかもしれない」と職場の人たちに伝えておくと怪しまれずに済みます。

また、金融会社によっては、会社の保険証や直近の給与明細を提出することで在籍確認が完了するところもあります。職場には絶対知られたくないという人は、申し込み前によく確かめて自分にとって便利な金融会社を選びましょう。

失業中にはキャッシングの審査は通るのか?

キャッシングの審査では、収入が継続してあることが条件になります。そう考えると、失業している方は審査に通らないのでは?と思いますね。ただ、失業していても失業保険を受け取っていれば、収入は一応あります。しかし、現実的には失業中の方はキャッシングの審査に通る可能性は少ないです。

それは失業保険というのは、支給されていても期限があるため、安定的な収入が今後いつまでも続くか?分かりません。だから、いずれ収入が0になる可能性が高いため、リスクが高いのでしょう。また、多くの会社では労働による収入と見なしているため、失業保険による収入は働いたことに対する収入は、収入とは見なしてくれないために、失業中の方は基本的にキャッシングは利用できないのです。

だから、新たな仕事が見つかるまでは利用できないと思った方が良いです。ただ、正社員としての仕事を探している間に、アルバイトを始めて、それによって収入を得ていれば、キャッシングの審査に通る可能性がぐんと増えるでしょう。アルバイトによる収入は労働による収入ですし、金額は少なくても、定期的に安定して収入があれば、その範囲内で審査に通る可能性はかなり期待できると言って良いと思います。

キャッシングの審査を短時間で進める為には

カードローンを契約し、キャッシングを利用する必要があるのでしたら、それに対する行動は早めに取った方が安心です。

何故なら、キャッシングを利用する為に、カードローンの契約を申し込まれてから、必ず審査に掛かる時間が必要になる為です。「最短・即日」のキャッシング利用が出来るように宣伝している金融機関も多くありますが、申し込みの時間帯や必要書類の提出がスムーズに出来るかなどが、大きく影響してきます。

申し込みは、午前中の出来る限り早い時間帯にするのがベターです。インターネットの専用サイトで申し込みを受け付けている金融機関でしたら、前日中に申し込みをしておくのがベストだと思います。
また、審査に於いて必要となる書類は全てコピーなどしておき、いつでも提出出来るように準備をしておくと良いです。具体的には、本人確認書類となる運転免許証や保険証、収入証明書類となる源泉徴収票や給与明細書などになります。

収入証明書に給与明細書を提出する場合には、直近2ヶ月分を要求されることも多いので、慌てないように準備しておくと良いです。
これらの提出書類を要求されるタイミングで、適時提出することで、審査がスムーズに進行することに繋がるのです。

後は、審査が通過するのを信じて、連絡を待つだけです。