カードローンの無利息期間の活用法

カードローンの無利息期間を有効利用したいと考えた場合に大切なことが、審査を受けるタイミングです。初めてお金を借りた時点から無利息期間が発生するという業者であれば、早めに審査を受け契約を完了させておくのも良いでしょう。

それによって、必要な時にすぐにお金を借りることができるだけでなく、いつ利用をしても無利息期間を最大限に活用することができます。ただ、契約をした時点から無利息期間が発生する業者もあります。この場合、契約後をしてから利用するまでの期間が長くなればそれだけ無利息期間が短くなるだけでなく、場合によっては無利息期間が完全に消滅してしまうことも少なくありません。

それだけに、無利息期間があるカードローンを利用する場合は、無利息期間がいつ発生するのかを確認した上で審査を受けるタイミングを決めることが大切です。

金利面で消費者金融を比べるのはあまり意味はない理由

消費者金融は金利がほとんど差がありません。 金利面で見ていても

おおよそ大手消費者金融はほんの0.数パーセントレベルでしか変化がないところが多く、

中小企業と大手を比較することになったとしても、せいぜい2パーセントくらいしか差がありません。

しかも、適用される金利というのは大半が設定されている上限レベルの金利でしかありませんから

多くの方にとってはせいぜい2パーセントくらいしか金利の差というのはないことになります。

ですので、基本的には金利という面では消費者金融同士でほとんどがないことになりますので、

そのほかの利便性やサービス面で消費者金融を選んだほうが賢く自分にあった消費者金融を選べるのではないかと思われます。

最近では銀行でも無担保ローンのCMを盛ん

最近では銀行でも無担保ローンのCMを盛んに行っています。消費者金融や信販系とはどの部分が異なっているのでしょう。
消費者金融や信販系の場合は借り入れ可能金額は年収の3分の1となっています。

一方銀行の場合は年収による可能金額の縛りはありません。

銀行が提示している借り入れ可能金額でも消費者金融よりも高い金額となっており、中には1000万円まで借り入れ可能と謳うものもあります。

しかし実際には、年収数百万の人がその何倍もの金額である1000万円借り入れ可能になったというケースはまずありません。

銀行は利用者が返済不可になった際にその負債を保証する保証会社というものを使っています。

その多くはかつては独立系、今では銀行の傘下に入った信販会社や消費者金融が占めています。
銀行は借り入れの申し込みがあった際に、保証会社に申込人の状況について問い合わせを行います。

そこで借入金額の多少のカギとなってくるのは勤務先の規模(上場企業か否か)、経営状況、年収、勤務日数、もちろん保証会社での借り入れがあればその状況などとなります。

もし借入金額の範囲内で遅延なく利用している上場企業勤続10年以上の方であれば、年収に近い金額が借り入れ可能金額になることも珍しくありません。

ご自身の状況を判断して、銀行ローンを利用してみてください。