おまとめローンのメリットと注意点

おまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れを一つにまとめることができるサービスです。複数の金融機関を利用していると、返済期日や返済金額を間違えたりといったトラブルが起こりやすくなります。おまとめローンで借入先を一本化することで、毎月の返済が1度だけになります。借入金額がしっかりと把握できるので、返済計画が立てやすくなります。借入金が100万円を超える場合は、金利が低くなるというメリットもあります。

おまとめローンを利用する場合に注意をしたいのは、借りたお金は、他の金融機関への返済にしか使えないということです。他社へ返済した後の、追加の借り入れも認められません。だからといって、また他社から借りることになっては、元の状態に戻ってしまいます。

おまとめローンを利用する場合には、追加の借り入れをしなくてもよいように、手元に多少の現金を残し、余裕のある状態で申し込みましょう。

おまとめローンを上手に利用するコツ

複数の消費者金融や銀行のキャッシングを利用する場合には、利息の負担が大きいためになかなか元本が減らないのが一般的です。借入金額が大きいことも大きな要因ですが、適用されている利率が15パーセントを超えていることが一番の原因です。

しかし金利の低い業者を使って借金を一本化すると、これまでよりも毎月の返済額を減らせます。おまとめローンに関する情報サイトを訪問すると、職業や借入金額別に最適な利用プランを見つけることができます。特にネット上で申し込みから借り入れまですべての手続きができる銀行は、仕事を持っている人でも気軽に利用できるので便利です。

低金利のおまとめローンを使って借金を一本化する場合には、繰り上げ返済も利用して早期に完済するのがポイントです。

複数のお金を借りている利用者が返済回数を減らすにはおまとめローンを使う

複数のお金を消費者金融会社から借りているユーザーがいます。この場合、それぞれの消費者金融会社に返済をしていかなければいけませんので、複数回の返済をしなければいけない場面も多々あります。返済をしなければいけない環境では、返済に手間がかかってしまい、キャッシングを使っているメリットが薄れてしまいます。

おまとめローンは、キャッシングやカードローンのように、限度額内で借り入れをして自由に使えるわけではなく、返済の為にお金を借りるローンです。その為、利用用途はキャッシングやカードローンで借りたお金の返済のみに使えます。おまとめローンは新規申込みをして審査が行われます。この審査を通過すれば、融資されたお金で、ユーザーが現在借り入れているお金を全額返済する事が可能です。今後は、おまとめローンで借りたお金だけを返済していけば良いでしょう。

おまとめローンですっきり返済にも注意が必要

多重債務者の返済を少しでも楽にできるように考えられたローンが、おまとめローンです。借りることが目的ではなく、返済を目的とするため、通常のローンよりも金利はやや低く設定されています。

しかし、逆に注意点もあります。自動車ローンやショッピングのためのローンなどの場合の借り換えは注意をしないと逆に金利が高くなってしまう場合があるのです。おまとめローンにしたことにより返済額が高くなっては意味がありません。

また、少額を複数に借りている場合は審査が通りやすくなっていますが、200万円など高額の場合は一本化ができない場合もあります。

一本化する前に、支払総額が、得か損かをよく見極めてからおまとめローンを考えるようにしましょう。