複数のお金を借りている利用者が返済回数を減らすにはおまとめローンを使う

複数のお金を消費者金融会社から借りているユーザーがいます。この場合、それぞれの消費者金融会社に返済をしていかなければいけませんので、複数回の返済をしなければいけない場面も多々あります。返済をしなければいけない環境では、返済に手間がかかってしまい、キャッシングを使っているメリットが薄れてしまいます。

おまとめローンは、キャッシングやカードローンのように、限度額内で借り入れをして自由に使えるわけではなく、返済の為にお金を借りるローンです。その為、利用用途はキャッシングやカードローンで借りたお金の返済のみに使えます。おまとめローンは新規申込みをして審査が行われます。この審査を通過すれば、融資されたお金で、ユーザーが現在借り入れているお金を全額返済する事が可能です。今後は、おまとめローンで借りたお金だけを返済していけば良いでしょう。

カードローン会社選びは自分の用途に合わせる

カードローン会社は数多くあり、ネットで調べてもどこのカード会社が良いか迷ってしまいます。

選ぶ際のポイントとしては、自分がどのような借り入れを希望しているかを考えることが必要です。例えば、少額の借り入れを希望しておりすぐに返済する予定であれば、無利息期間キャンペーンを行っている消費者金融もあるので利用する価値があります。

逆に大口の借り入れを希望しているならば返済期間も長くなることが予想されるので、金利の低いカードローン会社を選択した方が良いです。

一般的に消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が金利は低く設定されていますが、その分だけ審査に通りにくいという側面があります。

消費者金融の中では、プロミスが少しだけ金利が低く初回借り入れ時の無利息キャンペーンを実施しています。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

学生でも利用可能なキャッシング

20歳を超えて、アルバイトなどで安定した収入を得ている人であれば、学生であってもキャッシングの利用は可能です。ただ、学生の場合は実家暮らしかどうかによって、審査結果が大きく変わることがあります。

実家暮らしの場合は、アルバイトで得た収入はそのまま自由に使えることが多く、借入をしても問題なく返済可能と考えられます。それに対して、一人暮らしの場合は収入の大半が生活費に消えることも多いため、審査が厳しめとなります。月々の収入や実家からの仕送りが多く、生活が安定してれば審査に通る可能性は高くなるでしょう。

しかし、生活が大変と感じる状態の場合は、まず毎月の収入を増やしてからキャッシングの審査を受けるようにすることがおすすめです。

急ぎで現金を借りたいなら消費者金融の即日融資

急に現金が必要になった時、頼れる味方となってくれるのが消費者金融の即日融資です。

申し込んだその日のうちにお金を銀行口座に振り込んでもらえますから、手元にお金が届くまでのスピードが断然早いです。

消費者金融系でも、申し込み方法は店舗を訪れたり無人契約機、電話やFAXなど、様々な方法があります。

しかし、即日融資を受けたいなら、スピードの早いWebからの申し込みが一番です。

審査が終わるまで最短で30分程度で、本人確認の手続きなどもWeb上でできてしまいます。

注意点としては、銀行の営業時間内までに全ての手続きを終わらせないといけません。

朝イチや午前中など、早い時間帯に申し込みを行って、必要となる書類などはあらかじめ準備しておきましょう。

キャッシングのベストな増額方法とは

キャッシングには人それぞれ利用限度額がありますが、その額は永遠に変わらないわけではありません。殆どのキャッシングにおいては、増額申請することが出来ます。しかし増額申請すると審査が待っていますので、それに通らなければ額は増えてはくれません。

その審査に少しでも通りやすくするためには、とにかくキャッシングの利用実績を少しでも長く積み重ねることです。長年にわたって無事故で利用実績を積み重ねれば、それだけ審査に通る確率は高くなるのです。

ところで多くのキャッシングにおいては、無事故での利用実績が長くなると増額申請をしなくても限度額を引き上げてくれることがあります。それこそは正に、キャッシングのベストな増額方法と言えるのではないでしょうか。

初めてキャッシングをする時の基礎知識!銀行カードローンと消費者金融の特徴の違いは?

キャッシングを始めてする時は不安が大きくなる事も多いでしょう。実際にお金を借りると金利が発生して利息が加算されるので返済総額が多くなる事も少なくありません。初めてキャッシングする時は基礎知識をしっかり把握しておく必要があります。そこで初めてキャッシングをする時の基礎知識を確認していきましょう。

キャッシングをする時は銀行カードローンと消費者金融のどちらかを選ぶ事になります。銀行カードローンは低金利だけど融資可能になるまで数日かかる、消費者金融は高金利だけど即日融資に対応してくれるという特徴があります。

また銀行カードローンは総量規制の対象外なので多額の借り入れもしやすいですが、消費者金融は総量規制の対象となっているので年収制限されてしまいます。このように銀行カードローンと消費者金融では特徴が違うので初めてキャッシングをする時は基礎知識として頭に入れておきましょう。

おまとめローンですっきり返済にも注意が必要

多重債務者の返済を少しでも楽にできるように考えられたローンが、おまとめローンです。借りることが目的ではなく、返済を目的とするため、通常のローンよりも金利はやや低く設定されています。

しかし、逆に注意点もあります。自動車ローンやショッピングのためのローンなどの場合の借り換えは注意をしないと逆に金利が高くなってしまう場合があるのです。おまとめローンにしたことにより返済額が高くなっては意味がありません。

また、少額を複数に借りている場合は審査が通りやすくなっていますが、200万円など高額の場合は一本化ができない場合もあります。

一本化する前に、支払総額が、得か損かをよく見極めてからおまとめローンを考えるようにしましょう。

総量規制対象外の借り入れを活用するには

貸金業法では多重債務を防止する目的で総量規制を消費者金融会社に義務付けています。総量規制がある事で、複数のキャッシングを利用しても限度額の総額は利用者の年収の3分の1までに抑えられてしまいます。

総量規制対象外の融資サービスを使えば、限度額の制限が緩くなりますので、ユーザーは様々な事に融資を使い易くなります。借りたお金を自由に使えるものとしては、銀行や信用金庫が提供しているカードローンが該当します。例えば、家や車などの高額な物を購入する時に利用するローンである住宅ローンやマイカーローンは総量規制対象外ですので、消費者金融会社のキャッシングとは分けて使っていく事が出来るでしょう。これらの融資を併用する事で用途の幅が広がります。

カードローンの無利息期間の活用法

カードローンの無利息期間を有効利用したいと考えた場合に大切なことが、審査を受けるタイミングです。初めてお金を借りた時点から無利息期間が発生するという業者であれば、早めに審査を受け契約を完了させておくのも良いでしょう。

それによって、必要な時にすぐにお金を借りることができるだけでなく、いつ利用をしても無利息期間を最大限に活用することができます。ただ、契約をした時点から無利息期間が発生する業者もあります。この場合、契約後をしてから利用するまでの期間が長くなればそれだけ無利息期間が短くなるだけでなく、場合によっては無利息期間が完全に消滅してしまうことも少なくありません。

それだけに、無利息期間があるカードローンを利用する場合は、無利息期間がいつ発生するのかを確認した上で審査を受けるタイミングを決めることが大切です。

消費者金融は審査基準が甘いのでアルバイトなどの非正規労働者でも審査が通りやすい

お金を借りたい場合には銀行か消費者金融のどちらかで悩まれる方もいらっしゃいますが、お金の借りやすさでは消費者金融の方に軍配が上がります。消費者金融では正規労働者だけでなくアルバイトなどの非正規労働者でもお金が借りやすくなっています。

それは消費者金融では審査基準が甘いからです。銀行の場合にはかなり厳格な審査基準がありますので、アルバイトの方が申し込んでも審査に通らないこともあります。ですが消費者金融の場合には銀行では審査に通らない方でも審査に通ることがあります。

それは消費者金融会の審査基準が甘いことが要因になっています。急にお金が必要になっても審査が通らないのでは意味がありませんので、その場合には消費者金融のキャッシングを利用することをオススメします。

専業主婦がキャッシング審査に落ちる理由

専業主婦の方でもお金の借入はできますが、審査に落ちやすい理由というのは外とちょっと違います。

審査に落ちやすい理由の大半が、条件の不備が挙げられます。

もともと消費者金融では専業主婦といった収入のない人には貸し付けはしていないところが大半ですから、

そういったことをわからないで申し込みをすると、審査に落ちてしまうといったことがお起きです。

また、借入が出来るところであっても、夫などの同意が必要にもかかわらず、それがないようなケースも多々ありますから

そういったところで審査に落ちてしまうようなこともあったりします。

外にも、一般的な理由で落ちるケースもありますが、条件不備が多いのは特筆すべき事項だと思います。

みずほ銀行カードローンのサービスで優れている点は?

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行口座が必要でしかも審査が厳しめと言われているので利用しにくいカードローンというイメージを持っている人も少なからずいます。しかし実際にみずほ銀行カードローンを利用してみるとサービス面で優れている面もあります。そこでどのようなサービスが優れているのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは限度額が最大500万円から800万円で設定されていますが、みずほ銀行カードローンの限度額は最大1000万円で設定されています。多額の借り入れをする時でも利用する事が出来るのですごく助かります。また銀行カードローンの最高金利は14.5%ぐらいで設定されていますが、みずほ銀行カードローンの最高金利は14%で設定されています。借入条件が良いのもみずほ銀行カードローンのサービスで優れている点と言えるでしょう。

即日キャッシングは状況判断がカギを握る

キャッシングの魅力といえばさまざまありますが、中でも「即日融資」は多くの利用者が魅力に感じているポイントです。早ければ数十分ほどでお金を借りられるサービスは非常に便利で、緊急事態でも十分に対応することができます。即日融資に対応しているキャッシング業者を利用すれば可能性はありますが、無条件かつ確実に利用できるというわけではありません。

たとえば、即日融資に対応しているキャッシング業者でも「審査時間が終了」している場合は審査が翌日以降になってしまいますし、審査が完了したとしても「銀行の営業時間外の振り込み融資」を希望した場合も入金が翌日以降になる可能性が高いです。この辺りはコントロールできる部分ですが、状況をよくみて適切な判断が求められます。

今レイクと契約するのはアリかナシか?

新生銀行カードローンであるレイクは、2018年3月末を持って新規契約を停止し、会社自体も消費者金融として生まれ変わります。新しい消費者金融が誕生したらキャンペーンでお得に契約できることも考えられますが、今お金が必要な人はそれまで待てません。そこで今レイクと駆け込み契約するのはアリかナシかを考察します。

前述した通りレイクは銀行カードローンなので、現在は即日融資ができなくなっています。ですからお急ぎの方は大手消費者金融の方がいいでしょう。レイクが他のカードローンより優れている点は、無利息サービスが全額30日間無利息か、5万円まで180日間無利息かを選択できる点です。レイクの金利はほぼ年18%に設定されるので、5万円以内の融資を無利息で受けて夏までコツコツ返したい人のみレイクで借りるといいでしょう。

アルバイトを始めたばかりでもキャッシングの審査が通るポイントは?

アルバイトがキャッシングをする時は勤続期間が長くないと審査が落ちてしまう可能性が高いと言われています。それでアルバイトを始めたばかりの人は審査に落ちてしまうのではないかと不安になって利用しない人が多いです。しかしアルバイトを始めたばかりでも審査が通る可能性があるので確認していきましょう。

キャッシングの審査の終盤で在籍確認が行われます。アルバイトの場合は勤務先に電話をかける方法になりますが、在籍確認がしっかり取れれば貸付をしても大丈夫と判断される事もあります。またアルバイトは収入が少ないので返済する時の負担がかかりやすいです。それで無利息サービスを提供している業者の方が審査が通る可能性が高くなります。このようなポイントを押さえておくとアルバイトを始めたばかりでも審査が通ります。

カードローンとキャッシングを併用してユーザーの利便性を高める方法

カードローンは、キャッシングとサービス内容がよく似ており、限度額までお金を借りられ、そのお金は自由に使えます。カードローンは分割で返済する仕組みを採用しており、キャッシングは一括で返済する仕組みを採用しています。その為、利用する際にはユーザーのお金の使い方によって使い分けていくといった事が大切です。

カードローンは、キャッシングと比較して分割返済が利用出来る点で、毎月返済をしていく方が性に合うといった人々に適しています。利息は消費者金融会社によって借入利率で変わってきますので、返済がし易い環境を整えるには借入利率を比較して消費者金融会社を選ぶ事が大切です。国内には数多くの消費者金融会社がありますので選択肢は豊富です。

いざという時の救世主、キャッシングに助けられた私。

私は家庭の事情で、子連れ2人の中別居を決断しました。

やはりお金が足りなくなり、そんな時キャッシングが私の救世主になりました。お金を貸していただくことでなんとか生活することができ、子供達をなんとか食べさせることもできました。その中で自分も会社で働きなんとか生活することができました。

返済に苦労するとか聞きますが、毎月コツコツと返済し、不自由のない生活ができているので、かなり助けられました。いざとゆうとき、正直不安に思うでしょうが、キャッシング制度に助けを求めることも1つの手段であると思います。借りるだけでなく働き続けることをやめなければ必ず返すことができると思います。借りたことは後悔よりも感謝の気持ちの方が大きいです。

京都銀行カードローンWを使うといい人について

京都銀行カードローンWを利用するのに向いているのは次のような人です。

まずは、営業エリアに住んでいて、口座を持っている方です。

営業エリアでないと利用が厳しいものですが、口座があれば来店不要ですので口座を持っている人は特におすすめです。

また、ある程度多めのお金を借入したい方も向いています。

京都銀行カードローンWは基本的な金利設定も低く、設定上金利が安くなる額もかなり低いですから

少額よりもそこそこ高めの額を借りる方にはちょうどいいでしょう。 どちらかといえば年収の安定性や勤続千数が多い人向けの側面もあります。

後は、借入までの期間が通常の銀行よりも長いですから、すぐに借り入れしなくても大丈夫な人の方がいいでしょう。

キャッシングや各種ローンの審査に通らない!金融事故も無いのに何故?

銀行や消費者金融で契約出来るキャッシングローンは、利用目的が自由なため、日常生活において現金が不足した際には便利です。また、目的ローンなどの場合、高額な教育費も確保出来るため、子供の進学時にも資金に悩むことが無くなります。

ですが、収入面、他社借入件数や残高、クレジットカードの利用状況、金融事故の有無において問題が無いのにも関わらず、審査落ちする可能性があります。特にたった一つの大きな個人信用情報が影響しているケースが少なからずあります。

もし、家族、友人や知人から保証人を頼まれている方は自身に問題が無くとも審査落ちのリスクが高くなります。特に保証人と連帯保証人の違いを認識せず承諾している場合、連帯保証人なら実際の契約者と同じ債務があるということになってしまいます。連帯保証人は、債務者と同じ義務が課せられるため、返済が遅れるだけで直ぐに返済請求をされることになります。

つまり、個人信用情報に保証人という情報があるだけで、ローン契約では不利になるため、安易に保証人の依頼を承諾しないことが肝心です。如何に依頼者の信用力や経済力が高くても、いつ破綻するか予想は出来ません。

中小消費者金融のキャッシングローン!運転免許証だけでは契約出来ないものが多い!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、少額の利用限度額であれば、運転免許証だけで契約出来るため、急いでいる時には助かります。

ですが、銀行や大手消費者金融で契約出来ない場合、中小消費者金融を選択することになりますが、インターネットから手軽に申し込めるものの、必要書類が多く、契約時に手間が掛かるものが多くあります。身分証明書、所得証明書類、健康保険証の提示を求めるだけでなく、住民票が必要だったり、印鑑が必要と準備物は多くなります。

そのため、急いでいる時には、書類をそろえ難いといったこともあるため、中小消費者金融を利用する際は余裕を持って申し込みするのが重要です。銀行や大手消費者金融と同じと考えるのは、おすすめ出来ません。

2種類の無利息サービス以外で利用者にメリットになるレイクの特徴

レイクは無利息サービスのプランが2種類あるので初めて利用する人にオススメのカードローンとしてネットなどで宣伝されています。それでレイクを利用する人が増えてきていますが、その他にも利用者にメリットになる特徴があります。そこで利用者にメリットになる特徴はどのような点があるのか見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

レイクは新生銀行のカードローンなので銀行カードローンに分類されます。銀行カードローンは審査に時間がかかる事が多いので即日融資を受ける事が出来ない事がよくあります。しかしレイクは審査が即日回答になっているので即日融資を受ける事が出来ます。金欠の状態になっている人はレイクを利用するとメリットになります。

・提携ATMの手数料が無料

カードローンの返済をする時はコンビニに設置されている提携ATMを利用する事が出来るのですごく便利ですが、1回利用するごとに手数料が発生してしまう事が多いです。それで何度も利用していると無駄に出費が多くなってしまいます。しかしレイクは提携ATMの手数料が無料になっているので無駄な出費が発生する事はありません。それでいつでも提携ATMを利用しても問題ないので利用者によっては大きなメリットになります。

持っているだけで便利なキャッシングカード

キャッシングというと悪いイメージを持っている人も多いと思いますが、しっかり管理すれば非常に便利なシステムです。大手のキャッシングローン会社であれば、殆どのコンビニのATMで引き落とし、振り込みが可能です。

審査に関しても早く、個人情報をしっかり管理しているので身内や職場にばれることは殆どありません。もしキャッシングのカード作成を検討しているのであれば、安心して作って頂きたいと思います。勿論、キャッシングは借金となりますので、マイナスの面もありますが、住宅ローンも車のローンも全て借金です。

CMなどでもやっておりますが、収入と支出を把握し、しっかり管理していれば怖いことは何もありません。寧ろ急にお金が必要になった際の備えとしてカードを持っていることは、社会人の場合、利点の方が大きいと感じます。

金利面で消費者金融を比べるのはあまり意味はない理由

消費者金融は金利がほとんど差がありません。 金利面で見ていても

おおよそ大手消費者金融はほんの0.数パーセントレベルでしか変化がないところが多く、

中小企業と大手を比較することになったとしても、せいぜい2パーセントくらいしか差がありません。

しかも、適用される金利というのは大半が設定されている上限レベルの金利でしかありませんから

多くの方にとってはせいぜい2パーセントくらいしか金利の差というのはないことになります。

ですので、基本的には金利という面では消費者金融同士でほとんどがないことになりますので、

そのほかの利便性やサービス面で消費者金融を選んだほうが賢く自分にあった消費者金融を選べるのではないかと思われます。

地方銀行ではかなりレベルの高いカードローン 千葉銀行「ちばぎんカードローン」

千葉銀行カードローンは地方銀行である千葉銀行のカードローンです。

千葉銀行の特徴としては次のような条件があります。

まず、口座開設が必要ではありますが、WEB審査でありますと来店不要ですべての契約が完了しますので誰にもわからないうちにお金を借入できます。

基本的なスペックは限度額上限が800万円で、金利が1.4%から14.8%と下限については安めで多くのお金を借りれいるのであれば、好条件になる可能性は十分あります。

また、100万~350万未満ですと 金利が変動的ですが、運が良ければ低い金利が適用されますので安く利用できることもできるようです。

即日融資はなく、借入までに平均で3日から1週間くらい時間がかかるようですから、平均的な地方銀行レベルの時間はかかるようです。

後は借り換え利用というものでも良しとされており、利用の用途はそこそこ広めにできるようです。

返済額も最低2000円からですから、負担は軽めになっています。

地域密着型の経営ですので、千葉銀行の営業エリアでないと利用が厳しいですが、口座を持っているのであれば

なかなかいい条件というのもかなり珍しいので、ぜひ利用しておいておくといいでしょう。

リボルビング方式は本当に悪なのか?根本の問題は違う!

カードローンやクレジットカードにおいて、『返済が出来なくなる』や『なかなか完済できない』ということに対してリボルビング方式が問題視されます。しかし、根本の問題はリボルビング方式自体ではなく、別のところに問題があります。リボルビング方式を規制した方が良いという意見が多いものの、規制次第では返済額の増加もあり得ます。

そもそも、リボルビング方式は毎月の利用残高に応じて、利息が再計算されるものです。これ自体、利用残高が減る分だけ利息も減少することから、総返済額が増加するよりも効率的かつ負担の少ない返済方法になります。

根本の問題は、リボルビング方式よりも約定返済額や借り入れ頻度と金額です。最近では、最低返済額が1000円や2000円からというカードローンは多く、これがリボルビング方式と組み合わされることで、返済額の殆んどが利息の支払に充てられているという問題になります。つまり、リボルビング方式の特徴を理解せず、楽な返済しか行わないことが問題であり、問題を解決するのであれば、返済額を増額することの方が問題解決に対して大きな効果を発揮します。

もし、リボルビング方式が規制され廃止となった場合、利息計算は借り入れした段階での適用金利と借入額になり、段階的に利息が減っていくもので無くなります。結果、総返済額が高くなってしまい、返済がより困難になるリスクを生じさせてしまいます。

先ずは、リボルビング方式の特徴を理解し、毎月の返済額をどれだけの金額にすれば、総返済額を抑えられるのか計算するのが重要です。

東京スター銀行カードローンの2つのメリット

東京スター銀行はおまとめローンのサービスを提供している事で有名ですが、普通のカードローンのサービスも提供しています。それでお金が必要になった時に東京スター銀行カードローンを利用する人もいますが、どのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで東京スター銀行カードローンのメリットを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が15%以下で設定されている

銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には上限金利が18%に設定されていて消費者金融のような条件になっている事もあります。しかし東京スター銀行カードローンは上限金利が14.6%に設定されているので低金利に分類されます。上限金利が15%以下で設定されている点がメリットになります。

・アルバイトや専業主婦が利用しやすい

銀行カードローンは審査が厳しいと言われているのでアルバイトや専業主婦は利用しにくい部分があります。しかし東京スター銀行カードローンはアルバイトや専業主婦にも積極的に貸付を行っています。審査も柔軟に行ってくれるのでアルバイトや専業主婦が利用しやすいカードローンと言えます。

東京スター銀行カードローンはこのようなメリットがあるのでお金が必要になった時に利用してみるといいでしょう。

最近では銀行でも無担保ローンのCMを盛ん

最近では銀行でも無担保ローンのCMを盛んに行っています。消費者金融や信販系とはどの部分が異なっているのでしょう。
消費者金融や信販系の場合は借り入れ可能金額は年収の3分の1となっています。

一方銀行の場合は年収による可能金額の縛りはありません。

銀行が提示している借り入れ可能金額でも消費者金融よりも高い金額となっており、中には1000万円まで借り入れ可能と謳うものもあります。

しかし実際には、年収数百万の人がその何倍もの金額である1000万円借り入れ可能になったというケースはまずありません。

銀行は利用者が返済不可になった際にその負債を保証する保証会社というものを使っています。

その多くはかつては独立系、今では銀行の傘下に入った信販会社や消費者金融が占めています。
銀行は借り入れの申し込みがあった際に、保証会社に申込人の状況について問い合わせを行います。

そこで借入金額の多少のカギとなってくるのは勤務先の規模(上場企業か否か)、経営状況、年収、勤務日数、もちろん保証会社での借り入れがあればその状況などとなります。

もし借入金額の範囲内で遅延なく利用している上場企業勤続10年以上の方であれば、年収に近い金額が借り入れ可能金額になることも珍しくありません。

ご自身の状況を判断して、銀行ローンを利用してみてください。