キャッシング 本人確認

初めてキャッシングを申し込んだ時に、最も気になるのは本人確認と在籍確認ではないでしょうか。
お金は借りたいけれど、家族や職場の人には知られたくないという人は多いと思います。

本人確認は、運転免許証など本人確認資料の提出と、本人の携帯への電話で完了するので、家族に気付かれる心配はほとんどありません。手続きは全てWeb上で行い、ローンカードは無人契約機で受け取るなどの方法で、自宅に書類が届かないようにすることもできます。

ただし、職場への在籍確認は原則電話で行われます。本当にその会社で働いているのかを確かめるだけなので、電話自体はすぐに終わりますが、かかってきた電話を自分が取るとは限らないし、会話の内容からバレてしまうんじゃないかと心配になると思います。

在籍確認の電話ではそういった心情に配慮がされていて、金融会社の担当者が社名を名乗ることはありません。会話の内容も「ご本人様ですか。確認が取れましたので、手続きを進めさせていただきます。」といった風に、誰かに聞かれても問題ない内容になっています。

着信番号についても、原則非通知で架けてくるようになっています。

日ごろあまり電話のかかってこない部署にいるような人は、前もって「クレジットカードに申し込んだから確認の電話がかかってくるかもしれない」と職場の人たちに伝えておくと怪しまれずに済みます。

また、金融会社によっては、会社の保険証や直近の給与明細を提出することで在籍確認が完了するところもあります。職場には絶対知られたくないという人は、申し込み前によく確かめて自分にとって便利な金融会社を選びましょう。