専業主婦のキャッシング、今後は借りられなくなる?

専業主婦の方でキャッシングをしている人に良からぬニュースが最近発生しました。
それは銀行が業界団体の自主ルールで審査において、与信の限度額を設けるといったニュースです。
これによって今後、専業主婦の人が融資を受けづらくなる、もしくは全く受けられなくなる事態が起こる可能性があります。

何故専業主婦の方が融資が受けられなくなるのでしょうか。
現状、総量規制では夫と合わせて世帯年収の三分の一まだの貸付は例外として認められています。
ただし、夫の同意書が必要であったり、管理が必要であったりと手間がかかる割に専業主婦の方の借りる金額は少なく利ざやが薄いので、大手消費者金融は一律専業主婦の方への貸付は行なっていません。

銀行カードローンは総量規制は関係ありませんので、この様な縛りもなく専業主婦の方でも審査に通していたのですが、今後業界の自主ルールが出来ると今までの流れが変わってくる可能性があります。

みずほ銀行カードローンは年収の三分の一、もしくは二分の一を上限とすると検討していますので、仮にこの上限が銀行業界の自主ルールになってしまうと、年収ゼロの専業主婦の方は漏れなく審査落ちになる可能性があります。

現在借りている方も、これから借りる可能性がある方も、銀行カードローンの自主ルールの動向には注目しておかなくてはいけません。